「ソルビン酸」「安息香酸Na」 どう見ても名前がヤバイんだよこれで安全って言われてもさ…、ピンチwww

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/19(月) 13:05:13.86 ID:kkjIc9eb0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/m2ka6dX.jpg http://img.2ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
食品添加物「無添加」「不使用」のほうが安全なのか 

 保存料や着色料などの食品添加物は、「使っていない食品のほうが安全」だと考える人が
多いのではないだろうか? しかし、例えば保存料を適切に使えば、食中毒のリスクを下げる。
こうした事実が理解されない一因になっているとして、一般社団法人日本食品添加物協会
(JAFA)が食品添加物の「無添加」「不使用」に関する見解を表明、この中で食品関連業界に
表示の自粛を求めた。

摂取はごくわずか

 食品添加物は、インスタントラーメンやスナック菓子、レトルト食品など日常的に口にする
加工食品には必ずといっていいほど含まれている。

 厚生労働省が、食品添加物の摂取量を調べている。スーパーなどで売られている食品を購入し、
その中に含まれる添加物の量を分析して測り、その結果に国民栄養調査に基づく喫食量を乗じる。

 「マーケットバスケット方式」というが、2016年度は、食品添加物のうち保存料と着色料の摂取量を
調べた。これを1日摂取許容量(ADI=人が一生毎日食べ続けても健康への悪影響がないと
推定される1日当たりの摂取量)と比較した。対ADI比は次の通りだった。

 ・ソルビン酸 0・3%(保存料)

 ・安息香酸 0・4%(保存料)

 ・食用赤色3号 0・03%(着色料)

 いずれもADIの100分の1以下。健康に悪影響のない摂取量だ。

http://www.sankei.com/premium/news/180219/prm1802190005-n2.html

続きを読む “「ソルビン酸」「安息香酸Na」 どう見ても名前がヤバイんだよこれで安全って言われてもさ…、ピンチwww”

がっかりだ!!、ツタンカーメンの母の顔、完全再現に成功。んー、誰かに似てるんだが名前が出てこない・・・・

1 : :2018/02/13(火) 23:23:56.71 ID:pwUjyY2c0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/QwuxqIB.jpg http://img.5ch.net/premium/6931153.gif
3Dスキャナーで1989年にエジプトで見つかったツタンカーメンの母の頭蓋骨をスキャンすることで外見の完全再現と、得られたデータを基に精巧な胸像の作成に成功した。「Travel Channel」が報じた。
研究者が呼ぶところの「若い方の貴婦人」は2003年、王妃ティイとファラオのアメンホテプ3世と並び埋葬されていた娘であることが確認された。
つまり、彼女はアメンホテプ4世の妻であり姉もしくは妹、そしてツタンカーメンの母でもある。
​生前、この女性は有名なネフェルティティ像に非常に似ていたと判明したが、彼女が伝説的な女王であるという説はすぐに否定された。

https://jp.sputniknews.com/culture/201802134574085/
https://i.imgur.com/3MasBHK.jpg

続きを読む “がっかりだ!!、ツタンカーメンの母の顔、完全再現に成功。んー、誰かに似てるんだが名前が出てこない・・・・”

わるい^^^、「籠池氏が安倍夫人の名前で値下げ要求したのは、2人がただならぬ関係である動かぬ証拠

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/01(木) 15:27:20.13 ID:oxPLpVmP0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kPSEmvo.jpg http://img.5ch.net/ico/2mona2.gif
衆院予算委 森友問題の解明は政府の責任だ

新事実が出てきても、政府が説明責任を果たす姿勢は全く見られなかった。

夫人について野党は、学園前理事長の籠池泰典被告が国側に「棟上げに夫人が来る」と
伝えたことを記録した音声データを示して事実関係をただしたが、首相は
「突然聞かれても答えようがない」と逃げた。
これまでの野党からの夫人の証人喚問要求を「自分が全て知っている」とはねつけかわしてきた。

籠池被告が夫人の名前を挙げて国有地の値下げを迫ったのは、2人が緊密な関係にあっ
た証左だ。
首相は自身の説明なしには問題が解決しないと自覚し、責任を果たさねばならない。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201802010014

続きを読む “わるい^^^、「籠池氏が安倍夫人の名前で値下げ要求したのは、2人がただならぬ関係である動かぬ証拠”

本人も^^^、「籠池氏が安倍夫人の名前で値下げ要求したのは、2人がただならぬ関係である動かぬ証拠

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/01(木) 15:27:20.13 ID:oxPLpVmP0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WaEpc4p.jpg http://img.5ch.net/ico/2mona2.gif
衆院予算委 森友問題の解明は政府の責任だ

新事実が出てきても、政府が説明責任を果たす姿勢は全く見られなかった。

夫人について野党は、学園前理事長の籠池泰典被告が国側に「棟上げに夫人が来る」と
伝えたことを記録した音声データを示して事実関係をただしたが、首相は
「突然聞かれても答えようがない」と逃げた。
これまでの野党からの夫人の証人喚問要求を「自分が全て知っている」とはねつけかわしてきた。

籠池被告が夫人の名前を挙げて国有地の値下げを迫ったのは、2人が緊密な関係にあっ
た証左だ。
首相は自身の説明なしには問題が解決しないと自覚し、責任を果たさねばならない。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201802010014

続きを読む “本人も^^^、「籠池氏が安倍夫人の名前で値下げ要求したのは、2人がただならぬ関係である動かぬ証拠”

既にそうだが#!、「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

1 :ノチラ ★:2018/01/24(水) 09:34:41.86 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Sqcr8HT.jpg 第1部で触れた、アマゾンの業務拡大によって業績の悪化が見込まれる米企業で構成された「アマゾン恐怖銘柄指数」の別名は、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」。

ウォルマートや百貨店最大手・メイシーズのほかにも、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、アメリカのありとあらゆる小売企業がアマゾンの波に呑み込まれ、軒並み減収や赤字にあえいでいる状況から、いつしか生まれた呼び名だ。

これは、アマゾンが都市部近くへの拠点新設を進め、どこでも1日から数日で商品が届く体制づくりを急激に推し進めた結果だが、日本もこれから同じ流れに呑み込まれることになる。

現在、アマゾン日本法人は全国に15ヵ所の配送拠点を持っているが、さらに東京・八王子市にも新たな大型拠点を準備しているのだ。

流通業界に詳しいアナリストの角井亮一氏が言う。

「こうしたアマゾンの拠点増加の影響を真っ先に受けるのは、やはりイオンに代表される大型ショッピングセンター(SC)でしょう。自宅にいながらにしてあらゆるものを購入できてすぐに家に届くのであれば、わざわざSCに足を延ばす必要はない。

アメリカではこれからSCが3割減少すると言われており、日本でも同様のことが起きるかもしれません」

追い込まれた米・ウォルマートは、アマゾンと同じネット通販に生き残りの道を見出そうと躍起になっている。’16年にはオンラインショッピング大手を3600億円で買収し、さらにオンラインの小売サービスを買い進めている最中だ。

翻って、国内スーパー最大手のイオンもネットショッピングにようやく力を入れ始めたものの、「おうちでイオン」、「イオンドットコムダイレクト」、さらに系列企業が運営する「ダイエーネットショッピング」などグループ内で競合するサイトを乱立させている状態で、「1ヵ所ですべてがそろう」アマゾンに対抗できる長期的な戦略は見られない。

元アマゾンジャパンの林部健二氏が言う。

「現状を見る限り、日本の小売チェーンはまだまだアマゾンの脅威に対する危機感が薄い。アマゾンは『徹底的にムダを省き、効率化する』という鉄のルールを掲げて利用者の支持を得ています。

顧客第一主義のこのルールを前に、古い慣習にとらわれ意思決定のスピードが遅い日本企業は太刀打ちできません」

昨年9月、アメリカでは、アマゾン台頭の煽りをモロに受けたおもちゃチェーン最大手・トイザラスが破産し、激震が走ったが、「トイザラスの次の餌食」とささやかれているのが、日本でもよく知られている衣料品チェーン・GAPだ。

ショッピングセンター内店舗の不振が響き、昨年9月には、今後3年間で傘下の約200店を閉鎖することを発表した。

この状況を日本に当てはめたとき、ダメージを真っ先に受けそうなのがユニクロを展開するファーストリテイリングだ。

「アマゾンはすでに7つのファッションブランドを独自展開していますが、次に同社が準備しているのは、ユニクロが得意とするベーシックな服のブランドだと言われています。

高価なブランドであればネットで購入することに抵抗を感じる人はまだ多いと思いますが、普段使いの服であれば後発でも十分にシェアを取れると判断している」(流通専門紙記者)

そして、アマゾンに商売の基盤を脅かされているのは、こうした小売企業だけにとどまらない。

現在、米アマゾンの収益の柱となっているのが、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)と呼ばれるクラウドサービスで、米法人の年商は100億ドル(約1兆2000億円)に上る。

「簡単に言えば、各企業が膨大なコストをかけて独自に管理してきたデータなどを代わりにインターネット上で保管するサービスで、日本ではNECや富士通などが担ってきた。

ところが、導入スピードが早く料金も安価でセキュリティも強固なAWSがあっという間にシェア首位を奪取し、これらの企業は大打撃を受けています。日本家屋がどんどんなくなって洋式住宅に取って代わられたのと同じ状況です」(前出・林部氏)

「デス・バイ・アマゾン」が、日本企業にもひたひたと迫っている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54172

続きを読む “既にそうだが#!、「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前”